FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

あるひぼくはかみさまと

「あるひぼくはかみさまと」
   キティ・クローザー 作   ふしみみさを訳
   講談社


あるひ、テオはかみさまと出会う。
かみさまは姿を変えてみせることができて、
沼の上を歩くことができて、
空を飛ぶことができる。
でも、泳ぐことはできないし、
木に登ることもできない。

テオはかみさまと一緒にオムレツを
食べたり、それぞれの好きなものについて
話した。
そして、そんな一日をこんな風に振り返る。
「こんなひって、あるんだな。なんだかきのうの
じぶんとはすっかりかわっちゃったようなきがするよ」


その言葉がとてもいい。
出会いが大きなきっかけになることがあるよね。

希望に燃えるような出来事や出会いはそんなに
あるもんじゃない。
あったら、大事にしたい。
気がついてないだけってこともある。
気をつけよう。
大事な縁を見過ごさないように。


あるひぼくはかみさまと

講談社 コミックプラスより
「ベルギー出身のキティ・クローザーは、若手ながら
010年にアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞した
実力派で、全世界的に注目されている作家のひとり。
自作絵本の最新作である本書は、“神様”との出会いを
描いた話題作。
タイトル文字は、同じリンドグレーン記念文学賞を受賞した
日本を代表する絵本作家・イラストレーターの荒井良二さん
によるものです」

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1781-5e044218


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR