FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

美人薄命

本

美人薄命
     深水黎一郎   双葉文庫

~あらすじ ネタバレご注意~

戦争の頃に遡る。
幸薄いカエの哀れな身の上を引き込まれるように
読んでいくと、物語は、一転して現代にかわる。

一人暮らしのお年寄りに月に2回、
手作りのお弁当を届ける。
作っているのはボランティアの女性たち。
大学3年の総司は、そのお弁当をバイクで
運ぶボランティアを始めた。進級も怪しい総司は、
ゼミのレポートのフィールドワークとしてだ。

1件1件、お年寄りの家を回る。
最後にお弁当を届けた老婆がカエだった。
右目の眼球が真っ白、その右目の上の眉の真ん中
あたりから、目の下2センチくらいのところにかけて
まるで小刀のようなもので、眼球ごと切り裂かれたような
傷跡が走っている。
半盲目のカエと総司との交流が描かれていくが、
物語は心温まるものでなく、読者をハラハラさせながら
思わぬラストへと導いていく。
ミステリー作家だけあって、面白い。
夢中で読んだ。

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1793-9b7bfb94


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR