FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

坂の上の図書館

本

「坂の上の図書館」
      池田ゆみる  作    羽尻利門  絵

母子家庭でようやく自立支援センターに落ち着いて暮らせる
ようになった親子。
そこは、住む家のない親子が少しの間、暮らせるところ。
引っ込み思案で、人に自分の気持ちを伝えることが大の苦手な
小学5年生の春菜。母親に対してもだった。

担任の先生に夏休みになったら、特別授業をしようと
言われる。算数は九九から国語は三年生からやり直し。
決して勉強のできない子ではなく、春菜の家庭環境に
問題があったのだ。

偶然、支援センターの近くにある図書館へ足を向けたことが
きっかけとなる。
読書を重ねていくこと、図書館の司書ら優しいおとなや
同級生の交流で少しずつ成長していく。
春菜が成長していくなかで、おかあさんも成長していくところがいい。

後半、読書リーダーの研修前に、どうしても読んでおきたい本を
探しに本屋へ行く。
悪い方向へいかないよね・・・そこは不安になり、どきどきして読んだ。

子どもの力ではどうしようもならないこと、
今後も辛いことが多いかもしれない。
読書を重ねていくことで、本の世界の主人公が困難に
立ち向かっていく姿を自分に重ねていけること。
それこそが、本の力だと思う。

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1802-8bb874f4


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR