FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

としょかんライオン

らいおん

「としょかんライオン」
   ミシェル・ヌードセン  さく   福本友美子  やく  
   ケビン・ホークス    え

図書館というところは、静かにしなければ
ならない場所です。
だから、ライオンがはいってきたときも、
しずかにしていれば、大丈夫。
メリウェザー館長はいいます。
「そのライオンは図書館の決まりを守らないのですか?」
「いえ、べつに」と図書館員のマクビーさん。
「それならそのままにしておきなさい」と館長さん。

ライオンは絵本の部屋で気持ちよさそうに眠ってしまいました。
図書館のきまりには、ライオンがきたときのことなど
何も書いてないのですから。

ライオンは子どもたちと一緒に読み聞かせをききます。
でも読み聞かせが終わってしまうと、大きな声でほえました。

「しずかにできないなら、図書館からでていってもらいます」
図書館の決まりを守らなかったライオンは館長さんにしかられました。

「しずかにするってやくそくすれば、あしたもおはなしの時間に
きていいんでしょう?」
小さな女の子が館長に聞きました。
「しずかにできるおぎょうぎのいいらいおんなら、もちろんあしたも
おはなしのじかんにきていいですよ」と館長さん。
次の日、ライオンは早くにやってきました。
百科事典の棚のほこりをはらったり、本を返すのが
遅れた人に出す手紙の封をするために封筒をなめたり、
お手伝いをしました。

おはなしのじかんになると、絵本の部屋へ行き、
子どもたちと一緒に聞きます。
図書館へくる人たちは、はじめのうちはライオンが
すこしこわかったのですが、だんだんに慣れてきました。
「役にたつライオンだね」
「図書館はライオンがいなければやっていけないよね」
それを聞いた図書館員のマクビーさんは面白くありません。
だいたいライオンに図書館の決まりのことがわかるはずないし、
図書館にライオンがいるなんて聞いたことがありません。


ある日、ライオンは館長さんが踏み台に乗り、本を1冊とるから、
それを運んでほしいのと頼まれました。
ところが、館長さんはつま先立ちになって背伸びをしたときに、
倒れてしまいました。起き上がることができません。

「マクビーさん、マクビーさん」と呼ぶものの、
マクビーさんのいるところまでは聞こえません。
「ライオンさん、マクビーさんを呼んできてくださらない?」
ライオンはろうかを走りました。
「走ってはいけません」と館長さんはいいます。

マクビーさんのところへ行っても、マクビーさんは
気づいてくれません。
ライオンは大きな声でほえました。

マクビーさんは、走らないように気をつけながら、
館長さんの部屋へ行きました。
「ライオンが決まりを守ってません」
ところが、館長さんの姿はありません。
館長さんは机の向こう側で倒れていました。
あわてて医者を呼びに行くマクビーさん。
そのときも館長さんはいうんですね。
「走ってはいけません」

ライオンはというと、マクビーさんに向かってほえると、
図書館を出て行ってしまったのです。
次の日、ライオンは図書館にきませんでした。次の日も、
その次の日も。

ある日の夕方、仕事を終えたマクビーさんは
館長さんにいいました。
「なにかごようがあれば、お手伝いしましょうか」
「ありがとう。でもけっこうよ」
そして、まどの外を見ながらとてもしずかにいいました。
「いくら図書館でもそこまでしずかにしなくてもいいのに」

マクビーさんは図書館を出ましたが、図書館のまわりや、
車の下、植え込みの向こうなどのぞいてみました。
近所を回って、また図書館にもどってくると、
図書館の前にライオンが座っていました。

「あのう、ごぞんじないかもしれませんが、図書館の決まりが
変わったんですよ。大声でほえちゃいけない。ただし、ちゃんとした
わけがあるときは、べつ。つまりその、けがをした友達を助けようと
するときなどってことですけどね」

次の朝、マクビーさんは館長さんの部屋へ行きました。
「ライオンがいるんです。図書館に」
館長さんはろうかへ駆け出しました。
マクビーさんはニヤッとしていいました。
「走ってはいけません」

たまには、ちゃんとしたわけがあって、決まりが守れないこと
だってあるんです。
いくら図書館の決まりでもね。



守らなきゃいけない決まりも、それどころじゃない
と判断して、走って、マクビーさんにほえて訴える
ライオンはえらいです。
すると、決まりを守らなかったんだから、図書館には
いられないと、出て行く後ろ姿がたまりません。
図書館の前で座っている所を、マクビーさんに見られる
ところもなんかせつないですね。
ライオンは図書館が大好きなんですね。
でも決まりは守らないといけない。
決まりが変わってよかったですね。
絵もいいです。
決まり決まりというわりには、読み終わると、ほんわかします。
読み聞かせで使いたいと思います。
子どもたちがどこでどんな表情をするか楽しみです。

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1805-0a011318


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。