FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にんじん だいこん ごぼう

にんじん

「にんじん だいこん ごぼう」 ~日本の昔話より~
          植垣歩子  再話・絵


にんじんがあかいくて、だいこんが白くて、
ごぼうはくろい。

なぜでしょう?

もともとみんな白かったんですって。
ある日、みんなでどろんこあそびをしたら、体中どろだらけ。

そこでおふろにはいった。
さいしょに、にんじん。
体を洗ってお湯に入ると、熱いのなんのって。
でもがまんしていたら、のぼせてまっかっか。

次にだいこん。
熱いお湯に水を足している間、
体をごしごし洗っていた。
だからもとのようにまっしろ。

さいごはごぼう。
おふろがきらいで、いいかげんに洗って、
さっさとでてきちゃったものだから、
くろいまま。

それからずっとにんじんは、あか。
だいこんは、しろ。
ごぼうはくろ。


ーーーーーーーーーーー

植垣歩子さんの絵がとてもいい。
擬人化してるんだけど、だいこんはエプロンつけて
おかあさんみたい。
おふろにはいってから、みんなで寝るんだけど、
だいこんのねまきもおかあさんみたい。

おふろもね、よくそうや床や壁などはピンクのタイル。
扉は木製の引き戸。
入ってみたいお風呂です。

この手のお話は、いろいろあって、
読みくらべると楽しいね。
にんじん1

「にんじんさんがあかいわけ」
作: 松谷 みよ子
絵: ひらやま えいぞう





スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1815-3667bb14


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。