FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学一年生 

新年最初の小学校での読み聞かせは、
一年生でした。
なるべく子どもたちの顔をみようと思っています。

めんどり

「今年は何年?」と話しかけると、
「酉年~」元気いっぱい返ってきました。
ねこやいぬやねずみがおとなしいめんどりの手伝いを
まったくしない。声をかけても毎回こういわれる始末。
「いやだね」
「いやだよ」
「いやだな」
ここに子どもたちの目はくぎづけ。

全く手伝わないから、美味しいケーキを
おとなしいめんどりは誰にもあげず、一人で食べた。
おとなしいめんどりが、手伝わない3匹に文句を言うシーンがある。
『おとなしくないじゃん』といった子がいた。

後ろの方の子は前のめりに、目は一生懸命見ようとして、
耳もきっと敏感になっていたんだろうね。
1年生のそういう姿勢って感動する。

ゆきだるまはよるがすき

「雪降ったね。雪だるま作った?」
わりと「作った~」という声が多かった。
「作った雪だるまは、夜になるとどうなる?」
「とける」
「夜になると、雪だるまたちは何をしているのかなって
いうお話です」

雪だるまがいろんな遊びをする。
「そんなわけないじゃん」という声がちらほら聞こえてきました。

1やあ

「また雪だるまの話?」と前の方の子。
「そうだよ。そりゃ今日は雪だるまの話だよ」

「このお話は、アメリカの話。
アメリカの雪だるまは3段。
日本は頭と胴体の2段重ねだよね」
ふーん、へえって顔をしていました。

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1822-74623be3


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。