豊田のまちから……365日 絵本 それからいろいろ・・・



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。



好きな本

きりがないので、代表して
◎穴 HOLES 
 ルイス・サッカー

好きな作家

きりがないので、代表して
◎倉本 聰さん(脚本家)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

小学4年生

   
小学4年生のクラスで
読み聞かせをしました。
3冊読みました。
「こどものすきなかみさま」は何度も読んだ絵本なので、
ほかの絵本より気持ちが入ってしまいました。
4年生の生徒さんたちは熱心に聞いてくれました。
なるべく生徒の顔を見ようとつとめたので、
彼らの瞳が、本に集中してくれているの
がよくわかりました。

ぼうし

「ぼくのたいせつなぼうし」
           ヒド・ファン・ヘネヒテン  さく・え
           のざかえつこ  やく

雪だるまのくにでは、いろんなかたち、いろんな大きさの
雪だるまが住んでいる。
枝やほうきを持っていたり、マフラーを巻いていたり、
格好はいろいろでも、誰もが「ぼうし」をがぶっていた。
スノーぼうやも毛糸のぼうしをかぶっていた。

ある日、東のくにからやってきたクルという
雪だるまは、ぼうしをかぶっていなかった。
クルは、旅の途中、ひどい雪あらしにあって、
お気に入りのぼうしを飛ばされてしまい、探したけど
見つかない、悲しい思いでここまでたどり着いたという。

「だったら、ぼくのぼうし、何日か貸してあげる!」
と、スノーぼうや。クルはよろこんでスノーぼうやの
毛糸のぼうしをかぶった。

ところが、何日もたっても、クルはぼうしを返してくれない。
スノーぼうやはクルにいった。
「こんにちは。ちょうしはどう?」
「さいこうだよ。はじめは慣れなくていろいろ苦労したけど、
今じゃもう、ここがおれのうちだ」
「よかった。じゃあ……ぼくのぼうし、返してくれる?」
「このぼうしがないとやっていけない。これがないと、
おれは……はだかになったきもちがするんだ」

どうしたらいいかわからなくなったスノーぼうやは、
世界中を見てきたおじいさん雪だるまのアルフレッドに
相談した。

すると、アルフレッドはみんなを集めて、聞いた。

スノーぼうやはやさしい気持ちでクルにぼうしを貸した。
だが、クルにもそのぼうしは必要で、スノーぼうやは今、
頭にかぶるものがない。
どうしたらいいんだろう?
一人一人がスノーぼうやとクルの気持ちになって
考えておくれ。

「クルをこらしめよう」
「雪でぼうしを作ったらどう?」
「スノーぼうやはまだまだ若い。ぼうしがなくても
そのうち慣れるだろうよ」

すると、突然スノーぼうやがいった。
「かわりばんこにするのはどう?」

アルフレッドはいい考えだと、まず自分のぼうしを
スノーぼうやの頭にひょいと乗せた。
それから、雪だるまのくにでは、ぼうしを毎日
かわりばんこにかぶるようになった。
はだかの頭で歩くとき、
「自分もだれかに大切なぼうしを貸すことができた」
と、ほっとした気持ちになった。



やさしい気持ちで貸してあげた。
でもいつまでたっても返してくれない。
悲しくなるよね。
友情がくずれることにもなりかねない。
小4の生徒たちもあるあると思って聞いていた
かもしれない。

こどもの

「こどものすきなかみさま」
           作  新美南吉
           絵  いわむらかずお

こどもの

「子どものすきな神さま」
        作  新美南吉
        絵  渡辺洋二

こちらの本では、
「兵隊へいたいごっこしよう。」
「そうして、いちばんつよい子が大将たいしょうになり、
あとの十二人が兵隊へいたいになって、
一列れつにならびました。
「きをつけッ。ばんごうッ。」
と大将たいしょうがごうれいをかけました。

いわむらかずおさんの絵の方の絵本では、
文章の表記が一部異なっていました。

「がっこうごっこしようよ」
「そうして、いちばんできるこがせんせいになり……」
「きをつけっ。ばんごう」
とせんせいがごうれいをかけました。

こうして、表記は時代とともに、一部かえられていきますね。
読者にもわかりやすいと思います。

ナガナガくん

「ナガナガくん」
        シド・ホフ  作・絵
        小船谷佐知子 訳

とてもたのしい絵本です。
上の2冊は、じっと聞いてくれていましたが、
こちらは話し声や笑い声がしました。
1冊はこういう楽しい絵本にしました。

 

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1824-b789712c
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。