豊田のまちから……365日 絵本 それからいろいろ・・・



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。



好きな本

きりがないので、代表して
◎穴 HOLES 
 ルイス・サッカー

好きな作家

きりがないので、代表して
◎倉本 聰さん(脚本家)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

チョコレートと青い空

   
チョコレートと青い空

「チョコレートと青い空」
           作:堀米 薫    絵:小泉 るみ子
           そうえん社

第58回 青少年読書感想文全国コンクール
      小中学生の部  課題図書

あらすじ
牛を飼っている専業農家の一家にガーナ人の
研修生がやってくる。弟(主人公、小5)、妹(園児)は
すぐになつくものの、反抗期真っ只中のお兄ちゃん(中2)
は、あいかわらず無関心を装っていた。

一ヶ月、一緒に暮らす間に、知らなかったガーナのこと
を知り、エリックさんの目を通して自分の生まれた場所、
農業を見ることで成長していく。
お兄ちゃんもしだいに心を通わせていく。


~私はこう思いました~

作者の家は、和牛農家。国際協力事業団を
通してさまざまな国から研修生がやってくるそうです。
その体験をもとに書かれました。
牛を世話するシーンはとても具体的です。

弟がお兄ちゃんをこっそり「かげネコ」と呼んでいる。
こそこそ隠れるいじけたネコそっくりだから。
小5の弟にとって反抗期のお兄ちゃんはそう
うつるのだろう。家族の物語としても楽しめるが、
この物語を通して知らなかったことを知ることが
改めて本の面白さだと思った。

たとえば、
ガーナってチョコレートの国だと思っていた。
子どももチョコレートをたくさん食べていると。
ところが、ガーナにあるのは、チョコレートの原料の
カカオ。カカオ畑では、おとなと一緒に子どもがたくさん
働いている。貰えるお金はほんの少し。
甘いチョコレートは高級品。


フェアトレードチョコレートって?
カカオを割る子どもの写真を見たおかあさんが、
ある日、フェアトレードチョコレートを買ってきた。
立場の弱い国の生産者を守る考え方で売られている
チョコレートだ。本の中では値段は3倍と書かれていた。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1826-001b2525
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。