豊田のまちから……365日 絵本 それからいろいろ・・・



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。



好きな本

きりがないので、代表して
◎穴 HOLES 
 ルイス・サッカー

好きな作家

きりがないので、代表して
◎倉本 聰さん(脚本家)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

こねこのチョコレート

   
こねこのチョコレート

「こねこのチョコレート」
     B・K・ウィルソン  作    小林いづみ 訳
     大社玲子  絵        こぐま社

一年生への読み聞かせで読みました。

弟(クリストファー)の誕生日プレゼントとおかあさんと一緒に
買いにいくジェニーは4歳の女の子。

おかあさんはおもちゃ屋さんでヘリコプターのおもちゃに
決めました。ジェニーは100円を出して、お菓子屋さんでこねこの
チョコレートを買いました。はこの中にはチョコレートが8こも
入っていました。

家に帰ると、ジェニーはそのチョコレートを自分の部屋の
タンスの中にかくしました。

その晩、ジェニーはなかなか眠れません。
「こねこのチョコレート、ひとつ食べたいな。
はこの中には8匹もこねこがいるのよ。
ひとつくらい食べたって、クリストファーは気にしないと
思うな」

ベッドをぬけだし、タンスまで歩いて行って、
はこをあけ、こねこのチョコレートをひとつまみ。
ところが、おいしいチョコをひとつだけではがまん
できなくなり、またひとつ、またひとつ・・・
と、ベッドをぬけだしては、タンスに向かったのです。

さて、はこの中のチョコレートはどうなったか?
一年生のこどもたちは、わかったようです。

次の日、弟の誕生日にこねこのチョコレートの
はこをさし出したジェニー。
中はからっぽ。

でもね、ちゃんとほんわかした結末が用意されています。
その家のねこ、ティブルがこねこを産んだのです。
バスケットの中でほこらしげに喉を鳴らしている
ティブルのそばに黒くてまるいふわふわしたものが
3匹。
クリストファーはおおよろこびというお話。

ベッドから抜け出してチョコを食べに行くシーンが、
大好きです。全部食べてしまって、とうとうちょっと
気持ちが悪いなと思いながら眠りにつくところなんか
笑えます。
バレンタインデーの頃の私の『テッパン』に
なりました。
クリスマスは『大きいツリー 小さいツリー』
がテッパンです。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1827-2279b321
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。