FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃってヒーロー

本

「なんちゃってヒーロー」
           みうらかれん 作  佐藤友生 絵  
           講談社

~あらすじ~

6年生の蒲生 創(ガモー) は、成績は悪いし、
生活態度も悪い。
入学したばかりの頃は、一つ一つが新鮮で、
行事の前はわくわくして眠れなかったほどだ。
なのにいつのまにか、
学校ってこんなに退屈な場所だっけ?

ある日、ガモーは、仲よしの中林忠良(チューリン)に
スーパーヒーロが登場した夢の話をした。
興奮してきたガモ―は、ヒーローを作り、特撮をやろう!
と言いだし、チューリンはしぶしぶうなづく。
「仲間にいれて」と言ってきた丸井太一(マルタ)。
テーマソングも必要だと、ピアノが弾ける団 冴子(ダンゴ)、
ビデオカメラを持っている優等生の広川 利光(リコウ)も
加わって、蒲生特撮隊は、本格的に動き出したのだが・・・。

~感想~

スーパーヒーロー?
特撮?

夢でみた話から特撮しようと誘う主人公に
あきれる友人たち。
読者の私もそう。面白くなったのは、
優等生が仲間に加わった頃から。

牛乳パックを高層ビルに見立てる場合、
縮尺の関係上、ヒーローが千メートルを
超えるかもしれないってこと。
単純な比の計算だよと簡単に言う優等生。
でも他のみんなは気がつかなかった。
図工が得意なやつ。
ピアノが弾けるやつ。
最後には、パソコンで編集できるやつも
現れる。
6年生にもなると、個性が出てくる。

特撮の主人公ヒーローXに抜擢された
のんびり屋のマルタ。
ヒーローに条件があるとしたら、
心根が誰よりもやさしいこと。
と、ガモ―が言う。
ぼくも入れてと仲間に加わってくれたマルタを
思いやる気持ちをきちんと口にできること、
そしてチームワークで特撮を完成したこと、
6年生の物語として、興味深かった、
こういう思い出がおとなになると、大切な宝物だと思える。

     

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1839-f5db8cf1


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。