FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

緋色の研究

本

「緋色の研究」 【シャーロック・ホームズ】
         コナン・ドイル  作
         各務 三郎   訳
         偕成社文庫

【シャーロック・ホームズ】シリーズの最初の作品。

ホームズとワトスンの出会い。
その後に起こる殺人事件を描いている。

二部構成。
一部は、ワトソンの回想録。
(二人の出会いからホームズが
殺人事件の犯人を捕えるまで)
二部では、なぜ犯人が殺人を起こしたか、
その事件の過去の因縁が明かされる。

~感想~
 
ホームズとワトスンの出会い、二人の体格や
顔つき、性格、好みなどが(おもにホームズ)
が描かれていて、シリーズを読んでいくには、
まず一作目から読みたい。

ホームズの観察力、分析力、のすばらしさ。
ただ座って推理するイメージがあったが、
もちろんそうではない。
自ら動くこともあれば、子どもたちを使って捜査を
したりもする。
バイオリンの名手というところに一番魅かれるかも。

実在する人物ではないのに、あまりにも人気があり、
ホームズを研究する人たちは多い。
ホームズ愛好家のことをイギリスではホームジアン、
アメリカや日本ではシャーロキアンと呼ばれるらしい。






     

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1847-cfcf3c75


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR