FC2ブログ



本を読もうよ。

Prev  «  [ 2018/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。
最近、ハーフマラソンはじめました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

珈琲屋の人々

本

「珈琲屋の人々」
       池永 陽   双葉社

珈琲屋に集まる人々を主人公にした短編連作集。

目次

初恋
シャツのぬくもり
心を忘れた少女
すきま風
九年目のけじめ
手切金
再恋

~感想~ネタバレご注意

冒頭の「初恋」に、最終話の
「再恋」が呼応する。
シリーズの1作目だが、この構成は三冊とも同様。

初めにシリーズ3から読み、2、と続き、今回
シリーズ1を読んだ。
主人公 行介が父親の珈琲屋を継いでいる。
アルコールランプの炎を見ているシーンから始まる。

行介が人を殺したシーンが登場。
(シリーズ3、2を先に読んでいるので、こういう場面なのか
思った)
行介と冬子のゆるがない愛情、島木の女癖の
悪いところなど、このシリーズで納得する。

このシリーズで一番印象的だったのは、
「すきま風」
寝たきりの介護をしている60代後半の誠実な男が
恋に落ちる。家の中は糞尿のにおいが漂っている。
その匂いのは、自分が世話を怠っていることにもなる。

週に2度のやすらぎ。
友人たちとのカラオケだった。その中に恋した50代前半の
女性がいた。
片思いだと思っていた女が実は自分に好意をもっていた。
その女性にのめり込んでいくほど、寝たきりの
妻が邪魔になる。目を開くこともあまりない。
いつまでこの状態が続くのか。
いっそ……。

ラストが強烈だった。

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/1868-558047f3


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR