豊田のまちから……365日 絵本 それからいろいろ・・・



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

森乃あさ 

Author:森乃あさ 
児童文学を書くことが好きな、人に言わせると、
まめなB型。そして山ガール。



好きな本

きりがないので、代表して
◎穴 HOLES 
 ルイス・サッカー

好きな作家

きりがないので、代表して
◎倉本 聰さん(脚本家)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

やわらかなレタス

   
20111219214212.jpg

やわらかなレタス
   江國香織 
 文藝春秋

エッセイ集

ひとつ5ページほどのエッセイが40
つまったエッセイ集。

2011年2月25日
第一刷発行

江國香織さんの人となりがわかる
親しみを感じる一冊。
少女の心を持ち続けている江國さん。
たびたび声にだして笑ってしまった。

ムーミンの話がでてくる。
トーベ・ヤンソン「ムーミン谷の彗星」
は読んだことがある。
エッセイの中にでてくるあたたかなジュースは、
「ムーミン谷の冬」。
読んでみたくなった。


このなかに「不文律」という言葉がでてくる。
先日読んだ宮部みゆきさんの短編集
「地下街の雨」の中にもでてきた。
「不文律」って、知らなかった。
暗黙の了解のような意味らしい。

江國香織さんの作品の中でいちばん
好きなのは「間宮兄弟」。
また読んでみたくなった。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(1) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://morinonoblog.blog135.fc2.com/tb.php/905-277fa7ff
読者を不思議な世界にいざなう、待望のエッセイ集 ひとつの言葉から広がる無限のイメージ……。江國さんの筆にかかると、日々のささいな出来事さえも、キラキラと輝いて見えだします。 ここにあるのは幸福な魂の食事。食べものをめぐる言葉と、小説、旅、そして日々のよしなしごと。 江國さんが語るささやかな日常。美味しそうな食べ物がほとんどすべてに出てきます。 海外で日本で、実際に江國さんが味わったさ...
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。